足腰を鍛えるよりも楽したい


by lemonmoon04

電動自転車は原則車道を走行する。

一般的な人さえ、どんな活動が「自転車は、原則として道路を入れる乗り物です」についてそれを知らせるのに必要であるのが、走行であるというそれが持っている自転車のことであるかがまだ道路で浸透しなかったと考えますか?
そのうえ、国は、彼らが測定することをするべきであると思いますか?

警察の白いchariですが、原則道路の本質のどんなディフェンスも交通整理が最も擁護されるべきである見地でなく、いつも舗道へ駆け込んで、そこであるならなどが問題の現在のなどであることを問題についてよろしくお願いします。そして、また、例えば、それに一緒に答えることができました。

まず、私は、彼らに「自転車は歩行者ではありません」と認めさせるのが、重要であると思います。
それは冗談ではありません。 まさしく歩行者のように自転車について考える人は、増加しました。
したがって、舗道を突進します、そして、道路右側では、通ります。
同じ考えの人が電動自転車に乗るので、歩道を歩きますが、歩行者として怖いと感じるのは、数えられて、切れません。
その時、講演seruとの承認が子供時代にまず「交通教室」のような交通規則を教えるための方法ですが、それは良いかもしれません。 それは教室に出席します、そして、「自転車ライセンス」はどこかで州で交通規則を研究した人によって発行されるように思えます。 自転車に乗るのにおいて、ライセンスは良ければ・、良くはありません・・ 電動自転車に乗る人々のために電動自転車であるときに交通規則が再び研究される教室を受ける周りのHowを買いますか?(交通規則への無理解は、子供を連れて行っている両親によって特に見られますが)
電動自転車の速度は時に車と等しいです。それが乗り物であるので、ぶつかるとき、それは、最も悪い損害を相手に与えるかもしれません。
この規則に基づく交通の違反が増加して、私は、現在ナンバープレート獲得に関するケースと同様に一定のコースを受けるのが最も十分であると思います。
そのうえ、また、交通規則に関して違反された自転車が、発見されるとき、警察は、明確にそれを誘導するべきです。 事故は起こります、そして、はげて、存在をするので、それはosoされます。
「それを発見する自転車である、道路の左側ではなく、「右側」へ駆け込む方法による警察、」「このような場合、あなたはどのようにするべきですか?」? : 他の警察官、それを聞くとき。 「警察に通報してください。 それが交通整理の違反であるので」それは言われました。
報告するなら、警察は、交通規則の違反に応じるように思えます。

その人がいつそのような質問をするか、乗りなさいこと。supo-tsusaikuru重大なモードの人: また、堅いヘッドの人だけとして誤解するすべての人々が、出て来るので、私は、個人的にそれを止めて欲しいと思いますが。
終わりまで原則は原則です、そして、道路は絶対に以下の通りです。 そして、必ず、もの: それはそうであるはずがありませんが、走るのは、可能です。 また法律上。
あなたは改訂されるかもしれません。法であり、走行は避けられない場合における舗道の自転車をそうします。
そして、子供も高齢者も確信していません。過度に働きまで道路に立候補してください。
また、それをひいて、殺そうとする犯罪者が、出て来ると思われますが、車が動く凶器とそれであるので、警察官がいつ過度に働くかが白いchariで道路へ駆け込みます。
それは法が重要であるかもしれませんが、警察官がそのようなsukiを犯罪者に与える終わりの手段を間違っていませんか?
問題解決のような自然は提供しますが、警察官の問題が交番の仕事警察官のパトロールのために白いchariを作るとき、すべての撤廃が、あなたであればタクシーを提供します。
あなたは、白いchariの移動性より粗悪な乗り物を酷使して、乗る必要はありません。
しかしながら、 必要性、さえ: その時舗道のパトロールにタクシーを使用できないので、話になる、舗道へ駆け込む法がもっとも結局適用されるオリジナルが、考えるよりゆるいchariを空白にしてください。
自転車は別にして道路で速いのによる速度の道路などの一部を走らせるmamachariの自転車はバイクに乗られます: もっとも、不可能な対応があると思います。
多くの場合、舗道の自転車事故は盲点に関する注意を無視するので、起こったように思えます。 したがって、何かの統計を取りさえすることによって、それを結論づけることができるほうがよいでしょう。
法がとにかく改訂されたなら、私は、安全確認義務を盲点に入れて欲しいと思いました。 少しでも事故を減らすために。
また、走るのも危険ですが、走行と携帯のバイオリンのヘッドホンステレオで音楽を聴いている間舗道の盲点はかなりのabunaではありません。
また、また、法がもっともばらばらに行動する人々を一方向に集める手段の1つであるので、言うのはそれと前の人で言いました。
したがって、法が絶対であり、人々の考慮が高いか、そして、道徳が絶対である、言われたことが全く高く十分なくて、優美でない法があるものは不要になります。
それはgodaigoの歌ではありませんが、法はどこかにユートピアにおけるものを持っていないかもしれません。 善人、心、および考慮で優しい高い人と一緒にいる人だけが全く生きるので、法によるひもの必要は全くありません。 法で付かなくても皆が進んで高い道徳があることをするので。
しかしながら、現在の状況仲間と利益が対等にさせる悪い下のように社会に同じように生きているので、フレームがまだ法と呼ばれている状態で付かないなら、社会の解決は無くなっています。
したがって、それは取ります、そして、それはしとやかに歩きます、そして、私はiの法であるのにもかかわらずの、それが言われているという絶対的なものがyakuでないと考えます。
[PR]
by lemonmoon04 | 2010-10-25 12:50